レビトラを通販で入手しよう!その方法と特徴をご紹介

  1. レビトラを通販で入手しよう!その方法と特徴をご紹介   >  
  2. レビトラとその作用

レビトラとその作用

頭痛の男の子

レビトラの副作用として確認されているものとしては、顔のほてり・目の充血・頭痛・動機・鼻づまりなどがあります。特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用で、多くの服用者が体験しています。こうした軽度の副作用は、レビトラの血管拡張作用によって引き起こされています。副作用というと心配になることも多いものですが、これらは人体に大きな影響を与えるものではなく、薬が効いてきた証拠だと気にしていない服用者がほとんどです。頭痛が気になることもありますが、市販の頭痛薬を併用しても問題はないとされています。

前述した副作用は、多くの人が体験する軽度な副作用です。これら以外にも、いくつか確認されている副作用があります。たとえば消化不良や光に対する過敏症、下痢、背部痛などがあげられます。こうした副作用は4〜6時間程度で治まることが多いのですが、場合によってはそれ以上続くこともあります。もし長く続くようであれば、医師に相談してみましょう。体質によってはレビトラが合わないケースもあるため、他のED治療薬を試してみることも大切です。

レビトラを服用する場合、基本的には水で飲むことになりますが、お茶やお酒、ジュースで飲んでも問題はないとされています。少量のお酒であればリラックス効果が得られるため、ED改善に関してはむしろいい効果があるともいわれています。ただし、過度な飲酒は危険であるため注意が必要です。

また、ジュースは基本的に問題ありませんが、グレープフルーツジュースのグレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれており、薬の吸収率を高める効果があります。これによって予期せぬ副作用が発生する可能性もあるため、注意が必要です。